1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. その他 >
  4. ストーリー原案・脚本“虚淵玄”、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』11/17(金)いよいよ公開!

ニュース

ニュースのRSSフィードを購読

この記事をソーシャルブックマークに登録する: この記事をはてなブックマークに追加 twitterでこの記事をつぶやく

ストーリー原案・脚本“虚淵玄”、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』11/17(金)いよいよ公開!

2017年11月16日 , その他

弊社ライター“虚淵玄”がストーリー原案・脚本として参加しているアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星が、明日2017年11月17日(金)~、全国劇場にていよいよ上映開始となります!

<あらすじ>
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は――。

入場者プレゼントとして消しゴム風フィギュア「アニゴジケシ」の配布も決定いたしました! 上映開始から4週間、週替わりで全11色の展開を予定。数量限定ですので、ご希望の方はお早めに劇場までお出かけください!! 

弊社ライター“大樹連司”が執筆、“虚淵玄”が監修を担当、本作の前日譚を描いた公式ノベライズ「GODZILLA 怪獣黙示録」は、全国書店ならびに電子書籍販売サイトで好評発売中です。ぜひ一緒にお楽しみください!

公開日:
2017年11月16日
カテゴリ:
その他

この記事をソーシャルブックマークに登録する: この記事をはてなブックマークに追加 twitterでこの記事をつぶやく

この記事のURL:
http://www.nitroplus.co.jp/news/2017/11/171116_8184.php

ニトロプラス公式サイト ホームに戻る




会社情報
会社概要
採用情報
このサイトについて
サイトのご利用にあたって
個人情報保護方針
お問い合わせ
著作権について
作品/サイトの素材を利用したい方
著作物転載ガイドライン
造形活動を行いたい個人の方
アマチュア版権許諾申請について
商品化について/ライセンシー募集
法人版権許諾申請について
  1. ニトロプラス公式サイト ホーム
  2. ニュース
  3. ゲーム
  4. イベント
  5. グッズ
  6. サポート
  7. モットニトロ

本サイトのコンテンツには成人向けソフトウェアの紹介が含まれています。18歳未満の方は該当コンテンツの閲覧をご遠慮ください。